産み分けの簡単な基礎知識をまずは身につけよう♪

「健康な子供ならどちらでもいい」なんて口ではいうけれど、
内心は「男の子が欲しい」「女の子が欲しい」、正直そう思うことありますよね。近頃は「男女産み分け」で妊娠を計画するという夫婦もいますが、実際に産み分けで希望の性別の子供が生まれる可能性はどうなのでしょう?

 

実際に産み分けで「希望通りの性別の赤ちゃんを妊娠できた」という方はどのくらいいるか?というと、実は約8割となっています。ですから、産み分けでチャレンジしても約2割の人は成功していない事になります。

 

産み分けが失敗してしまう要因は?

成功しなかった人の原因は様々ですので、一概には言えないのが現実。中には「妊娠そのものができなかった」という方も含まれています。そして、間違った産み分け法をしてしまったという場合もありますし、そもそもの体質ということが原因のこともあるようなのです。しかし、「何が原因か?」という見極めは難しいので一言では言えないでしょう。この頃は高齢出産が多くなってきています。昔と違って、独身を楽しむ方も増えてきていて、年齢がいってから結婚する晩婚化も進んでいます。そうなるとどうしても高齢出産となってしまうのです。
そして、晩婚となった場合、結婚してすぐに子供ができない場合があります。やはり、女性が35歳を過ぎると、どうしても簡単には妊娠できない原因が隠れているのが事実。なかなか妊娠できない不妊症という現実にも直面してきます。しかし産み分けを実施している夫婦にとっては、産み分けが間違って妊娠できなかったのか、もともと不妊症が原因で妊娠できなかったのかが判別が難しくなってきてるようです。

産み分けは、女の子が人気!?

【確率UP!】失敗しない産み分け方!男の子・女の子が確実に欲しいあなたに!産み分けの現実を見ていますと、どうやら「女の子が欲しい」という方が大多数を占めているようです。一般的に言われている産み分けの方法は女の子が欲しい場合は排卵日から2日前にセックスするのが基本だということです。それに対して、男の子が欲しい場合は排卵日当日にセックスをするといいのです。でも排卵日の特定が100%ではないので、なかなか難しい部分もあるのでしょうね。ですから、確実に産み分けをしたい場合は、時間的に焦っていない夫婦がいいのかもしれません。まず排卵日を確実にするには、基礎体温を計ることが求められます。しっかりとした統計を出すことが必要です。それにより「産み分け」にチャレンジしてみるといいでしょう。

 

やはり高齢になっている方は、不妊の場合もありますから、産み分けより「確実に妊娠できる」ことの方を考えた方がいいかもしれません。病院での指導にもよりますが、たいていの場合、産み分け方法を実施していても、約1年も妊娠ができなかった場合は、まずは産み分けでの妊娠のチャレンジを諦めた方がいいと判断されるようです。そうなった場合は、まず不妊を考えて、不妊治療などをするかどうかの考えを強いられるかもしれません。やはり、そう考えると年齢的なものがある場合は、そちらを優先してみた方がいいのではないでしょうか。
まずは「正常に妊娠できる力があること」、これが産み分けの前提と言えそうですね。

 

産み分けが上手くいく人との上手くいかない人の差は?

子供の性別を希望通りにしたいと望む人は「産み分け」に挑戦して妊活を行うでしょう。いろんな情報を取り入れて「男の子が欲しい」あるいは「女の子が欲しい」という気持ちで取り組むのではないでしょうか?でも実際に産み分けに取り組んだ人の成功率を見ると、どうやら100%とは言えないのが現実のようです。約2割の方が上手くいかないという結果があります。
では、上手くいく人、そして上手くいなかった人との差はどういった感じなのでしょうか?これに関しては「これが上手くいかない理由」という明確な答えが出ないのが正直なところ。
中には、長い間、産み分けを実践したのに妊娠そのものができなかったという夫婦さえいるのです。また、体質そのもので、どちらかの性別しか生まれないというご夫婦もいるようです。やはり、うまくいかなかった約2割の夫婦の体質というものも関係してくるのではないでしょうか。

 

そして、やはり目に見る事のできない、卵子と精子の出会いですが、タイミングが合わずして妊娠できないまま時間が経つことさえあるのでしょうね。昔の人は、特に排卵日なんて気にしませんでしたし、自然に妊娠して赤ちゃんを授かっていましたよね。ですから、「排卵日」という日を特に意識しなくても、夫婦が性生活を営んでいると赤ちゃんは自然にできるようになっています。

【確率UP!】失敗しない産み分け方!男の子・女の子が確実に欲しいあなたに!

しかし、やはり排卵日を予測できることで、産み分けができたり、不妊治療に効果があったり現在ではとても重要なものとなっています。でも、実際のところ「確実な排卵日」というものは100%予測ができないのです。数日のずれがあるのは仕方のないことですね。でも「産み分け」が上手くいってる方は、こうした方法をしっかりと理解して間違わないように実践してたからこそ、産み分けが上手くいったと言えます。要するに、自己流で判断するより、しっかりとした知識を持って、夫婦二人で取り組むことがベストなのでしょう。ですから、排卵日を知る上で重要な基礎体温の計り方もしっかりと行うべきですし、男女の産み分けとして、性生活を排卵日当日に行うのか、2日前に行うのかという所も、いい加減にしてしまうと期待する効果が得られなくなってしまうのです。
やはり「産み分けをしたい」と考えたなら、後から悔やむことのないように、二人でしっかりと取り組むことが必要と言えるでしょう。
約8割のご夫婦は産み分けに成功して、希望通りの性別の子供を産んでいるようですから、
やはり真剣に取り組んだ結果です。自分で早期に結論をつけて「もう産み分けは無理だ」と諦めてしまっては、そこでチャレンジは終わってしまいますから、できるだけ最後まで挑戦してみることもいいかもしれません。最終的には、夫婦で望んだ性別以外の赤ちゃんが授かったとしても、自分達の子供には変わりがありません。尊い一つの命なのですから、愛情を持ってこれからの人生、家族みんなで守ってあげる覚悟も必要です。

 

 

産み分けの確率を上げる3か条

 

「妊娠」したら女性の体に様々な変化が起きて、子供は女性の体に授かります。女性の胎内でそだった赤ちゃんは約10か月後に外に出る準備が整い、そして、女性は大変な「出産」をします。妊娠・出産に関しては女性側が大変というイメージがつきものですが、夫婦二人で乗り越えていくべき問題でもありますよね。女性一人では妊娠も出産もできないのですから、二人で確認するべきことは必要ですね。夫婦で「産み分けをしよう」と決断した場合の3か条とはどういったことでしょうか?

まずは「妊娠すること」が大前提

産み分けしたい夫婦の方々は、希望する子供が欲しいと考えて産み分けをすることを決めるのでしょう。ただ、この産み分けという方法ですが、100%確実に希望の性別の赤ちゃんができるとは限らないのです。しかし、希望した性別の子供ができなかったからと言って、生まれた子供をかわいがらないということは無いはずです。たとえ希望しない性別の子であっても「子供が授かった」ということは、とても素晴らしい事実なのです。ですから産み分けをする際には、産み分けを成功することがメインではなく、赤ちゃんを授かること、すなわち「妊娠すること」が最も重要だという事を念頭においてください。そういう考えをもつことができれば、生まれてきた我が子には、性別関係なく深い愛情を注ぐことができるはずです。

 

夫婦二人で真剣に話し合って産み分けを始めよう

産み分け方法を始めた夫婦。二人納得の上で始めたのかと思いきや、「旦那がなかなか協力してくれない」という方も少なからずいるのです。産み分けに関しては、性生活のタイミングもありますし、そういった細かい部分まで女性側一人でできるものではありません。男性側の協力は必須です。産み分けは、長期にわたることも覚悟しなければなりません。そういった時に、夫婦二人が協力せずに、揉めていたりしたら産み分けが中断され、ますます難しくなってしまうのです。たとえ上手くいかなくても、お互いがいたわり合うことができるように、二人で真剣に話し合った上で「産み分け」に挑戦するべきではないでしょうか。

 

妊娠することへの不安に対しての対処法

産み分け方法は、まずは内容に関して知識を必要とします。そして、その仕組みを自分達が知る事で、実践へとうつるのです。しかし産み分けには時間がかかることが知られておりますので、すぐには結果がでません。そのため、途中であきらめてしまう人や、我慢ができなくなる方もいます。中には、もともと妊娠しにくい体質のかたが産み分けにチャレンジする場合は、さらに時間が必要な場合もあります。そこで途中で様々な不安や心配が生まれてくるのです。そういった不安を取り除くためには、まずは「産み分け」は妊娠しなければならないという事を考え、付随する高齢出産、不妊症などの妊娠しにくい状況の悩みについては、専門医と相談しつつ不安を解消していく必要があるのです。

 

 

かわいい女の子が欲しいなら!

元気な男の子がほしいなら!